タグ:WHITESTAGE ( 4 ) タグの人気記事
【FujiRock06Report】ザ・クロマニヨンズ
「沖縄でもなく、ヨーロッパでもなく、苗場を選んでくれてありがとう。
 そしてホワイトステージを選んでくれてありがとう。
 この日をずっと待ってました。われわれはザ・クロマニヨンズです!」

 こちらこそ、ありがとう^^

---------------------
■2006年7月28日(Fri)
■12:50~
□ザ・クロマニヨンズ
■at WHITESTAGE
■with seno,nao & achiko
---------------------

フジロック06の二発目は、

黒豚丼とハイネケンを補充して、そのままホワイトステージで。
森の中のステージは早くも入場規制寸前。きっとみんなそうなんだろう。

ハイティーンの頃のノスタルジックを感じながら。。

20年越し、3度目の「ヒロト」と「マーシー」の青春賛歌に踊り狂う。

それは『リンダリンダ』でもなく、『日曜日よりの使者』でもなく、
恐らくフジロッカーズの、オーディエンスの大半が初めての楽曲なのに、
ヒロト&マーシーのサウンドにコール&レスポンスで応える。

いったいこの人たちは何歳なんだろう?
と思う前に、
自分自身がハイティーンの頃にギュンって戻ってしまう。

黒のライダースと、頭に巻いたバンダナに、“あの時”を思い出す。

『トレイン・トレイン』は『歩くチブ』で、
『情熱の薔薇』は『弾丸ロック』だ。

奏でる楽曲はなんでもよかった。

ボクらにロックンロールと青春とギターとモッシュとダイブとパンクスとがに股歩きと、タバコとアルコールと、、、

いろいろ教えてくれた彼らが、目の前で唄ってる。奏でてる。

それだけで良いのよ。

んで、あの頃のようにケツを出して去っていく。
それで良いのよ。

ボクらのロックンロールのルーツ。
「ヒロト」と「マーシー」。

また来てくれてありがとう。
[PR]
by ryu-fnkb | 2006-08-08 02:00 | ロビン
【FujiRock06Report】SAKEROCK
「トロンボーン」と

「スキャット」と

「mandam(漫談)」と、、、


---------------------
■2006年7月28日(Fri)
■11:30~
□SAKEROCK
■at WHITESTAGE
■with seno & nao
---------------------


SAKEROCK



ということで、過ぎていった2006年の夏の始まりを惜しむように、大切に。

FujiRockFestival06のレポートを少しずつ。綴っていこうかな。

あの日、梅雨の最後の大雨に怯えつつも「とき303号」に揺られながら、その場所へ向かった僕ら。天気予報は「豪雨」。新幹線は「信号故障」により遅延。前途多難。ハプニング続きのディパーチャー。宿にチケットを忘れたachikoの無念を抱きつつ(^^;;

06年のオープニングアクトと決めていた「SAKEROCK」のステージに遅れること10分。グリーンの「ストリングチーズ」を横目に見ながら、少しぬかるんだ山道をホワイトステージへと急ぐ。

山道が開ける。小川が見える。小川に架かる小さな橋を通り抜け、そこには木々に囲まれたホワイトステージ。

そんなホワイトステージと、フジロック06のオープニング、誰も踏み入れていないそんな魔ッさらなステージを象徴するようにホワイトスーツで身を包んだ4人組。「SAKEROCK」がそこにいた。

これもまたボクらの「ハプニング続きのディパーチャー」を象徴するように、
彼らのスカビートを耳にする前に、素敵なMC(mandam ^^)が聞こえてくる。

♪テポドン~
♪テポドン~
---

あれ???

こりゃ前途多難だ~。

去年のサマソニ以来の再会となる、稀代のエンターティナー「ハマケン」の、

「トロンボーン」でも、

「スキャット」でもなく、

「mandam(漫談)」よりスタートしたボクらのフジロック。

道連れの「senoさん」も「nao」も笑う。ボクも笑う。
♪テポドン~、でスタートのボクらのフジロック06。

「あ、危ないクロマニョンズが踏み潰されたー!」
「あ、アジカンも踏み潰されたー!!」

なんだこれ(^^;;)


がはは。おバカで最高のスタートを切ったフジロック。んで、SAKEROCK。
それから、僕らの夏。

だけどそこからはバッチリ「Old Old York」とかで、気持ちよい気分にさせてくれて、「senoさん」が揺れている。ボクも揺れる。心地好い。雨が降らない。山が青い。素晴らしい。


途中で、

「チ○ポが痒い、ハマケンです。」やら、
「そこの外人も、ほら手拍子しろ!くらっぷゆあーへんず!!」なんつって、

あんまり言わないほうが良い言葉を挟みつつ。

ラストはその「スキャット」と「トロンボーン」をしっかり堪能させてくれる「生活」で締めて。

最高だったよ「ハマケンさん」と「SAKEROCK」。
去年の夏も、今年の夏も、キミたちではじまったのかも。



そんなこんなでフジロック06が始った。
[PR]
by ryu-fnkb | 2006-08-08 01:23 | ロビン
【Recommend Artist】BROKEN SOCIAL SCENE
ロビンでーーーす。

ダーマエさんに触発されて、久しぶりのオススメアーティスト紹介。
第4弾です。

●BROKEN SOCIAL SCENE
d0069564_11471663.jpg


ある人のオススメでフジに来る!って知ってから聴きこんでいるカナダの仲良しバンド。

作品作りやレコーディングの度に、好きなメンバーだけ集まって自由に演る。
10~15人の大所帯で編成されているバンド。好きな時に好きな連中だけで、というなんとも現代的(?)なバンド。

そのメロディもなんとも変化に富んでいて、ロック、ダブ、エレクトロニカ、ヒップホップ、、、
などなど、縦横無尽に表現される彼らのワークス。

聴き込んでもなんともつかみきれない感じなんだけど、「ユー・フォーガット・イット・イン・ピープル」ってアルバムに入っている『anthems for a 17-year old girl』って、この曲だけでボクはメロメロになっちゃいました。


賛美歌とタイトルされている通り、ギターとシンセとドラムの優しくてキレイなメロディから始まるこの1曲。彼らの作品の中でも珍しい女性ヴォーカル。このヴォーカルがまた素晴らしい。消え入りそうなクリアで丁寧な表現から始まり、曲の中盤にかけてまるでハイティーンの女の子の葛藤を表すかのように力強くでも、悩ましげにヒートアップしていく。

YouTubeでライブの映像を見つけたので、ぜひ1度体感を!
Broken Social Scene - anthems for a 17-year old girl

---

30日、WhiteStageでこの変幻自在、縦横無尽のライブパフォーマンスをぜひ一緒に見ませんか?
[PR]
by ryu-fnkb | 2006-07-16 12:07 | ロビン
【Recommend Artist】eastern youth
ちわーーーっす。ロビンです。

梅雨入りらしいね。
ワールドカップも始まったね。

フジロックへはあと1ヶ月と半月。

で、Recommend Artistロビン編の第三弾です。


●eastern youth
d0069564_19162864.jpg

---

彼らとは随分ご無沙汰していた。
アルバムだと「其処カラ何ガ見エルカ」以来だから、3年くらいかな。

ボクの20代はじめに、
極東の若者が日本語で発信する、世界レベルのパフォーマンスに心と体を奮わせていた。
酒に酔って、ヘッドフォンで彼らの音楽を聴くといつも1人でこぶしを固く握って突き上げていたりした。


日本人の、つましさと忍耐強さと頑なな心。


今回フジロックに参戦を決めて、3年の空白を埋めるべくその間にリリースされた「DON QUIJOTE」と「365歩のブルース」を購入。レーベルが変わり(「坂本商店」から「裸足の音楽社」へ)、環境も変わった彼ら。でもその楽曲は変わらずに。

相変わらず、ボクを熱くさせてくれた。

アルバム「DON QUIJOTE」のタイトル曲『DON QUIJOTE』を聴いて欲しい。
誰もが知っている妄想騎士のドン・キホーテの生き様が、彼らにかかるとこんなリリックで唄われる。


魂は燃えている夕焼けに負けないほど
無様に転げ落ちたってどこまでも信じてる


馬鹿な男が立ってる
大事そうに胸に抱えているものは
二束三文のしけた唄
二束三文の真実


明日はきっと晴れる 俺には分かる



ドン・キホーテの騎士道を「夕焼けに負けないほど」と表現し、
風車に突撃する姿を「無様に転げ落ちたってどこまでも信じてる」と表現し、

自分の妄想を突き通す、ドン・キホーテを
「二束三文の真実を大事そうに胸に抱えて立つ馬鹿な男」と表現する。

最後に、「明日はきっと晴れる、俺には分かる」と言う。


かっこいい。

真実ものを突き通す馬鹿な男をこんなにも感動的に唄えるバンドはないだろう。
彼らこそ日本のロックシーンの「ドン・ホーテ」なのかも知れない。

2日目のWHITESTAGEで、僕らも「ドン・キホーテ」観ましょう!
[PR]
by ryu-fnkb | 2006-06-10 20:03 | ロビン