カテゴリ:ロビン( 29 )
【Recommend Artist】TUCKER
どもども。ロビンです。
今日はランチミーティングおつかれさんでした。

より一層ワクワクが募ったお昼でした。
いやいやいや、楽しみです。


で、今日は実はちゃんと聴いたことのないアーティストのリコメンドなんですが、、、
友人の強いススメで、

●TUCKER
d0069564_1501458.jpg

---
TUCKERというエレクトーン奏者なんですが、
1日目と2日目の間、28日の23:30にRedMarqueeに登場します。

彼はユースケ・サンタマリアもビックリ(?)のマルチタレントらしく、
エレクトーンを奏でつつ、ターンテーブルを回し、ギターとベースも爪弾く。
そんなのを1人で“逆立ち”なんかしながらやってのけちゃう。

それはそれは大盛り上がりで仰天なステージパフォーマンスを見せてくれる、
極上のパフォーマーらしい。

彼のライブはいつも伝説。

そんなウワサを耳にしたら、ちょっと見てみよっかな。って思いませんか?
ってことで、1日目の23:30にはRedMarqueeに集合で4649!
[PR]
by ryu-fnkb | 2006-07-20 01:57 | ロビン
【Recommend Artist】BROKEN SOCIAL SCENE
ロビンでーーーす。

ダーマエさんに触発されて、久しぶりのオススメアーティスト紹介。
第4弾です。

●BROKEN SOCIAL SCENE
d0069564_11471663.jpg


ある人のオススメでフジに来る!って知ってから聴きこんでいるカナダの仲良しバンド。

作品作りやレコーディングの度に、好きなメンバーだけ集まって自由に演る。
10~15人の大所帯で編成されているバンド。好きな時に好きな連中だけで、というなんとも現代的(?)なバンド。

そのメロディもなんとも変化に富んでいて、ロック、ダブ、エレクトロニカ、ヒップホップ、、、
などなど、縦横無尽に表現される彼らのワークス。

聴き込んでもなんともつかみきれない感じなんだけど、「ユー・フォーガット・イット・イン・ピープル」ってアルバムに入っている『anthems for a 17-year old girl』って、この曲だけでボクはメロメロになっちゃいました。


賛美歌とタイトルされている通り、ギターとシンセとドラムの優しくてキレイなメロディから始まるこの1曲。彼らの作品の中でも珍しい女性ヴォーカル。このヴォーカルがまた素晴らしい。消え入りそうなクリアで丁寧な表現から始まり、曲の中盤にかけてまるでハイティーンの女の子の葛藤を表すかのように力強くでも、悩ましげにヒートアップしていく。

YouTubeでライブの映像を見つけたので、ぜひ1度体感を!
Broken Social Scene - anthems for a 17-year old girl

---

30日、WhiteStageでこの変幻自在、縦横無尽のライブパフォーマンスをぜひ一緒に見ませんか?
[PR]
by ryu-fnkb | 2006-07-16 12:07 | ロビン
Clap Your Hands Say Yeah が。。。
清志郎に続いてキャンセル???

http://www.clapyourhandssayyeah.com/news.php

07.13.06 — We're sorry to announce that we have to postpone our upcoming trip to Japan and Australia. Unfortunately over the course of our recent European tour Alec's voice started to give out on him, and in order to avoid any permanent damage to his vocal chords he's going to have to take some time off of touring. We're really sorry for the late notice, and we wish this wasn't the case, but we promise to make it over as soon as we can. If you bought tickets for our shows in Sydney or Melbourne you'll be able to get a refund for your tickets.

って感じらしいけど、やっぱりキャンセル??

あぁ、、、

観てみてください、YouTubeで見つけた彼らのライブ。
こんなに気持ちよさそうなのに。

http://www.youtube.com/watch?v=hp_xihf-9Pw&eurl=

(エキサイトブログってjavaがNGなんだね。タグ貼り付けて、ここで掲載しようとしたらダメって言われちゃった。。)
----

p.s.
せのさん。ハシバさん。
ダーマエ兄貴のためにありがとうございました。
[PR]
by ryu-fnkb | 2006-07-14 11:47 | ロビン
チケット届いた。
どもども。投稿はゴブサタのロビンです~。

降ったり止んだり、蒸し暑い梅雨の日曜ですが、
今日、、、

チケット届きましたー!
しっかり「配達記録」で、さすがぴあです。

d0069564_191362.jpg


気持ち昂ぶるにゃ~。ということで、
現状でのタイムテーブルを作ってみました。
空いているところは、誰かオススメあったら教えてね。

(このままだと見づらいので、クリックしてみてね)
d0069564_192505.gif


ファイルをメールで共有するのでみんなも作ってみたらどう?


そうそう、昨日の深夜。

TV朝日でフジロック特集してました。4時まで見ちまいました。
10thアニバーサリーってことで、過去のヘッドライナーを見れたり、
今回の出演アーティストもほぼ全部、紹介してました。

見た人いる???
[PR]
by ryu-fnkb | 2006-07-02 19:06 | ロビン
【Recommend Artist】eastern youth
ちわーーーっす。ロビンです。

梅雨入りらしいね。
ワールドカップも始まったね。

フジロックへはあと1ヶ月と半月。

で、Recommend Artistロビン編の第三弾です。


●eastern youth
d0069564_19162864.jpg

---

彼らとは随分ご無沙汰していた。
アルバムだと「其処カラ何ガ見エルカ」以来だから、3年くらいかな。

ボクの20代はじめに、
極東の若者が日本語で発信する、世界レベルのパフォーマンスに心と体を奮わせていた。
酒に酔って、ヘッドフォンで彼らの音楽を聴くといつも1人でこぶしを固く握って突き上げていたりした。


日本人の、つましさと忍耐強さと頑なな心。


今回フジロックに参戦を決めて、3年の空白を埋めるべくその間にリリースされた「DON QUIJOTE」と「365歩のブルース」を購入。レーベルが変わり(「坂本商店」から「裸足の音楽社」へ)、環境も変わった彼ら。でもその楽曲は変わらずに。

相変わらず、ボクを熱くさせてくれた。

アルバム「DON QUIJOTE」のタイトル曲『DON QUIJOTE』を聴いて欲しい。
誰もが知っている妄想騎士のドン・キホーテの生き様が、彼らにかかるとこんなリリックで唄われる。


魂は燃えている夕焼けに負けないほど
無様に転げ落ちたってどこまでも信じてる


馬鹿な男が立ってる
大事そうに胸に抱えているものは
二束三文のしけた唄
二束三文の真実


明日はきっと晴れる 俺には分かる



ドン・キホーテの騎士道を「夕焼けに負けないほど」と表現し、
風車に突撃する姿を「無様に転げ落ちたってどこまでも信じてる」と表現し、

自分の妄想を突き通す、ドン・キホーテを
「二束三文の真実を大事そうに胸に抱えて立つ馬鹿な男」と表現する。

最後に、「明日はきっと晴れる、俺には分かる」と言う。


かっこいい。

真実ものを突き通す馬鹿な男をこんなにも感動的に唄えるバンドはないだろう。
彼らこそ日本のロックシーンの「ドン・ホーテ」なのかも知れない。

2日目のWHITESTAGEで、僕らも「ドン・キホーテ」観ましょう!
[PR]
by ryu-fnkb | 2006-06-10 20:03 | ロビン
きゃー!(´ー`)ノ
2記事も投稿されているーーーー!

うれしさのあまり、外出中のダイアルアップによる劣悪な通信環境でも、思わず記事アップしちまいました。

 せのさん
 ハシバさん


さんきゅ!

お二人のあつ~い記事には、それぞれコメントつけますね。


さて、あとふたり。

「だーまえ、まつなが、、出て来いやー!

(苦境に立たされる高田総帥風)


ではでは。
[PR]
by ryu-fnkb | 2006-06-09 13:21 | ロビン
【Recommend Artist】DIRTY PRETTY THINGS
みんなチケットは取れたかな?

Recommend Artist ロビン編の第二弾!


●DIRTY PRETTY THINGS
d0069564_22502670.jpg


---

7月28日、初日のGREENSTAGEに登場の彼ら。

UKパンクの継承者、ピストルズの魂を受け継いだリバティーンズ「カール・バラー」の第二章。

リバティーンズと言えば思い出す。
D-マエさんとのサマソニ02。パフィーamiyumiの前座を飾る、ルーキー時代のリバティーンズ。まばらなオーディエンス、パフィーの登場をまつハイティーンのオーディエンス。

その後すぐに世界のミュージックシーンで伝説となったリバティーンズのあまりにも切ない(だけどボクらには最高の)伝説のステージ。

あれほどのビックフェスなのに、ボクら二人は最前列に陣取り、がぶりよりで彼らのパフォーマンスを見つめる。そこでは、胸躍る埃くさいUKパンクが演奏される。。


そんなリバティーンズの「カール・バラー」の第二章の始まりにも、また立ち会えるなんて、、、幸せです!

リバティーンズの解散という辛い決断をくだした彼の、でもやっぱり生粋のパンクロックを苗場で聴ける。

ファーストシングル『Bang Bang You're Dead』を聴こう。快活なバックビートに、少しのメランコリックをのせて、きっとステージはアナーキーに彩られる。
彼らのステージが初日の最高沸点かな。もし良かったらみなさんご一緒に。
[PR]
by ryu-fnkb | 2006-06-07 22:51 | ロビン
【Recommend Artist】CLAP YOUR HANDS SAY YEAH
ちわーっす!ロビンです。

さてさて、ブログを立ち上げてみたはいいが、どうして活用していこうかと思っていました。

んで、まずはオススメアーティストの紹介かなぁ。と。
フェスでは各人好きなアーティストのステージへと、散っていく訳ですが。

少しでもその道連れが多ければ楽しい!

ということで、ココで自分の好きなアーティストを紹介して、魅力をみんなに伝えよう。
そしたら一緒に行く人も増えるかもね。ということで、


Recommend Artist ロビン編 の第一弾です。

●CLAP YOUR HANDS SAY YEAH

d0069564_193773.jpg



7月29日 二日目のREDMARQUEEに登場する彼ら。
初回プレス2000枚、完全な自主制作で発売されたバンド名と同じタイトルのファーストアルバムが、クチコミ&ライブで評判を呼んで、出身のUS以外でも大きな評価を得た。

きっとこんな“ゆる~い”ジャケットを見かけた人もいるんじゃないかな?

d0069564_19211557.jpgなんて言うのかな、つかみ所のないキッチュなサウンド&ヴォーカルが心地よい気持ちにしてくれる、癒し系のバンド。


アコーディオンやオルガンや木琴?鉄琴??なんかがふんだんに登場し、童話の世界の不思議の国から聞こえてくる歌みたい。ヴォーカルのハスキーな声はどことなく牧歌的で、かわいらしい「ボブ・ディラン」って感じかも。

そうだなー、勝手にだけど『はしばさん』とか好きな感じかもよ。

例えばスピーカーから、ヘッドフォンから彼らのミュージックを聴いて不思議の国を想像できるなら、、、
苗場で聴いたらどんなにすごいんだろう。それこそ不思議の王国。(インドアステージなのがちょっと残念。。。)

2日目のREDMARQUEEで、彼らの名の通り“両の手を打ち鳴らしながら、Yeah!”なんつって、一緒にトリップしてみませんか???
[PR]
by ryu-fnkb | 2006-06-03 19:28 | ロビン
フジロック参戦記ブログをはじめます!
こんにちは。ロビンですー。

ちょーしにのって、こんなブログ立ち上げてみました。
ヘッダー画像を作ってみたりして、楽しかったです。

と、いうわけで本番までみんなでブログを書いてみましょーか。
画像とかもふんだんに。


手始めは、今回のフジロックの各日のヘッドライナーをつとめる3バンド。


●FRANZ FERDINAND
d0069564_193173.jpg



●RED HOT CHILI PEPPERS
d0069564_19541.jpg



●THE STROKES
d0069564_1101462.jpg


---

楽しみだねー。

当日まで後二ヶ月を切ってしまったけど、
より一層盛り上がっていきましょー。
[PR]
by ryu-fnkb | 2006-06-02 01:11 | ロビン